今すぐお金を借りる >> 本当に困っている時は、無利子で市区町村福祉協議会からお金借りる方法があります

[ranking only=”sp”]

本当に困っている時は、無利子で市区町村福祉協議会からお金借りる方法があります

便利で簡単な消費者金融、しかしそれらのキャッシングでお金借りることはいずれ返済しなければならない借金であります。しかもそれらの窓口で借りたお金は、利子が高いケースがあります。利子が高いと、返済計画が思うようにいかなくなり、今後の生活に支障をきたし、悪循環でより利息の高い闇金に走り、多重債務に陥ってしまいます。現在、失業中の人はローンを組むのは、大変です。又多重債務になっている人には、審査に通ることは難しくなります。

それでも生活の為には、お金は必要です。

こうした方の為に、お金借りる方法があるのです。それも、身近な窓口で無利子で貸してくれるのです。その窓口とは、市区町村社会福祉協議会です。社会福祉協議会とは、行政サービスの一種で行っていますので、遊行費やギャンブル等のお金を借りることは出来ませんが、生活の立て直しの為の世帯更生資金として、お金借りる方法があるのです。

世帯更生資金を借りる方法・条件としては、1)年収、2)年齢、満20歳以上であること、3)現住所に居住、半年以上居住、4)市民税・県民税を納付していること、5)連帯保証人等が付いていますが、特に低所得であることは重要です。市民税を納付していることは、重要なポイントになりますので、すぐにでも納付することが必要です。連帯保証人の人数は、2人必要となる場合がありますので、まずは社会福祉協議会で相談することです。社会福祉協議会で申し込んでも、直に借り入れがOKになるわけではありませんが、審査に通過することで、お金の借り入れが出来ることになります。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集