今すぐお金を借りる >> 主婦がお金借りるときには少し注意が必要。周囲も気づいたら教えてあげよう

[ranking only=”sp”]

主婦がお金借りるときには少し注意が必要。周囲も気づいたら教えてあげよう

主婦がお金借りるのはどういうときでしょうか。ご主人の不始末で、やりくりが必要になり、やむなく借りることもあるでしょう。でも、その場合は、身近の方からもいろいろな知恵やアドバイスをいただくことがあるので、それほど心配はありません。

心配は、自分一人の理由で主婦がお金借りる場合です。甘い言葉に誘われ、投機的なことにお金をつぎ込んでしまったとか、報酬が約束された商品を扱うこととなったが代金が回収できなくなってしまったとか、あるいはひそかに贅沢な装飾品が欲しくなり買うには買ったが、支払に困り、売却しようとしたが価値のないものだったとか、おおよそ不純な動機から出発しているものが多いものです。

そして、こういう場合は、始末が悪いことに、勧誘した者が「いいカモ」扱いし、消費者金融を紹介したり、別の儲け話を作り上げたりして、食い物にしようと企みます。主婦がお金借りた最初は少額であっても、時とともに利息が利息を生み、その利息を返済しなければならなくなり、また新たにお金借りるとパターンに陥ります。

こうなると、取り立てに責められ、家におちおちいられなくなく、転々と居を移すこととなり、親御さんや親戚にも迷惑をかけることとなってしまいます。一番大事なことは、少額の内に、正直に話し、ご主人や親御さんに助けてもらうことです。

手遅れの金額になってしまっていたら、自己破産も視野に入れ、公共的な相談窓口である「法テラス」などで、司法書士とか弁護士に相談することです。周囲の人も甘やかし過ぎずに、対処するを考えなくてはなりません。おかしいなと気づいたらすぐ手を打つこと、状況によっては非情な感じになっても、断ち切る手段を考えないと、周囲全体がおかしくなってしまうからです。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集