今すぐお金を借りる >> 今や大手消費者金融のほとんどは大手銀行グループの傘下です

[ranking only=”sp”]

今や大手消費者金融のほとんどは大手銀行グループの傘下です

銀行から融資を受ける場合と、消費者金融から融資を受けるといった場合とでは、周りの人たちからの反応が異なることがあるでしょう。これは、消費者金融のイメージの問題です。消費者金融からお金を借りる、キャッシングするといった場合は、借金すること暗いイメージが付きまとい、人から心配されてしまったり、お金に困っているのかと思われてしまう場合があります。

しかし、実際は、金利の差こそあれ、消費者金融からお金を借りるのも、銀行から融資を受けるのもほぼ同じなのです。

それなのに消費者金融のイメージが悪い理由の一つには、一昔前までの法整備の遅れがあります。以前は確かに消費者金融の場合は、高い利率でお金を貸したり、プレッシャーを感じるような督促をしていたこともあったかも知れませんが、最近では利息制限法や出資法、その他の法律が整備されたため、特に一般の人がCMなどでよく目にする大手消費者金融などは、高利での融資をすることもなくなり、督促も常識的なものとなりました。

また、サービスも充実しているため、ちょっとした急な出費や、現金を用意する一つの手段として消費者金融でのキャッシングを利用する人も増えてきている現状があります。そもそも、大手消費者金融のほとんどは大手の銀行の傘下にあるので、消費者金融からお金を借りるのは手続きを簡略化した融資を受けることと同義であるといえます。

以上、大手消費者金融のほとんどが銀行の傘下に入っているお話でした。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集