今すぐお金を借りる >> 消費者金融から借金をしても5年経てば時効になるって本当?

[ranking only=”sp”]

消費者金融から借金をしても5年経てば時効になるって本当?

消費者金融からお金を借りても、5年経てば時効になると民法で定められています。ですから、借りてずっとそのままにしてあるものがあれば、もう返済していかなくても良いと考える人もいるようですが、実はそれほど単純ではありません。消費者金融からの借金に時効が成立するためにはいろいろな条件がありますし、また手続きも必要となります。

まず条件についてですが、5年経つ以外にいくつかあります。消費者金融側が裁判所で請求の手続きを行ったり、あるいは差し押さえを行ったりした場合には、時効が成立しなくなります。そのほかには、借りていることを認めて、一部だけでも返済をしてしまえば成立しなくなります。

消費者金融から電話がかかってきて、例えば「1万円だけでも返済して下さい」と言われて1万円だけ返済をすれば、借金をしていることを認めたことになりますから、成立しなくなります。その時点から改めて5年経たなければなりません。

これらの条件を満たした上で、援用の手続きを行わなければなりません。援用の手続きをしなければ、時効は成立しません。ただ単に5年経てば成立するのではなくて、援用の手続きを行わなければならないのです。

援用の手続きと言っても、一つの書類を内容証明郵便で送れば良いだけなのですから、自分でしようと思えば自分でもできます。しかし、いろいろな落とし穴がありますから、素人では難しいようです。できる事なら専門家に相談をするか、完全に委託した方が安全です。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集